花哉さんちののんびり生活

子育ての壁、すり抜けたい。悩みすぎない育児でのんびり生活

頭痛の原因別にみる薬を飲めないときの頭痛緩和方法

※この記事は、2019年3月30日の記事を加筆、修正したものです

 

お世話になります、花哉です。

 

多くの人が悩む頭痛。

頭痛になると、薬の飲んでしのぐことが多いでしょう。

 

鎮痛剤の有効な使用方法としては、痛くなる前に飲むこと。痛くなるかも?という段階で飲むことが、ポイントです。わたしもなるべく頭痛の種があるな、という段階で飲むようにしています。

 

しかし、妊娠中や授乳中など、薬に頼ることができない状況もあります。また、薬の効きが遅かったり、イマイチだったりすることもありますよね。

 

そんな頭痛のときのお話です。

 

※わたしは医療従事者ではなく、専門知識もありません。自分なりに調べたり試したりした方法について記しています。ご了承ください。

 

 

頭痛の主な原因2つ

頭痛の原因はいろいろありますが、大きく分けると以下のふたつのようです。

 

血管の拡張

筋肉の収縮

 

ンマーこんなこと聞いても「ふーん」って感じですよね。

原因とかそんなことより、とにかく痛い。どうにかしたい。どうにかして。

 

妊娠中や授乳中、薬を飲めないそんなとき。

頭痛の原因別に頭痛の緩和方法を探してみました。

 

 

 血管が拡張して起こる頭痛の場合

血管が拡張して起こる頭痛の場合、吐き気がしたり(実際に嘔吐することも)、目を開けているのも辛かったりと症状が激しく出ることがあります。

 

1.冷やす

血管が拡がっているわけだから、簡単に言うと縮めてあげればいいわけで、そういうときは冷やします。冷やしてみて、気持ちいいと思える箇所を冷やしているだけで少し楽になります。

 

2.カフェインを摂る

血管を収縮させる方法としては、カフェインを摂ることも有効だそう。こちらも妊娠中や授乳期は躊躇われるものですよね。

 

カフェインの影響についてはいろいろ言われていますし、確かに心配は残りますが、わたし自身、つわりのときにカフェインたっぷりの紅茶しか飲めない時期がありまして。

 

その時に比べれば飲む量は少量だし、どう影響が出るかわからない薬を飲むよりはマシだとわりきり、コーヒーやコーラで少しだけ摂取していました。

 

自己の判断にお任せという形にはなりますが、ひとつの方法として知っておくとよいです。

 

3.目を閉じて静かにする

もし、ゆっくりできる時間が取れるなら、目を閉じて静かにしていることも有効です。特に目からの刺激を避け、ゆっくり休むこと。育児中はなかなか難しいですが、思い切ってお昼寝の時間などに一緒に休んでしまいましょう。

 

 

 筋肉が収縮して起こる頭痛の場合

1.温める

首回りや肩などの筋肉が収縮して起こる頭痛の場合、冷やしてはダメです。温めて、コリをほぐしてあげましょう。

 

わたしはシャワーを当てたり、洗髪します。洗髪するときは、いつもより入念にマッサージをするように洗います。お風呂からあがるとスッキリしていることもあります。

 

2.ストレッチする

肩をまわしたり、軽くストレッチをすることも有効です。体がガッチガチになっていることが分かると思いますよ。もうそれはそれはガッチガチ。

 

ダンナさんに首筋あたりをマッサージしてもらうのも効くと思います。自分でやるより、やってもらったほうが早く良くなる気がします。

 

 

血管か筋肉か、どちらが原因かわからない

頭痛の原因と言われても、血管が拡張しているのか、筋肉が収縮しているかわからない。とにかく痛いんだ―!ということも、あると思います。

 

わたしもいつもそうです。

どっちが原因かなんて判断できないし、両方が原因かもしれないし。

 

そういうときは、とにかく全部試します。

冷やしてみるし、マッサージしてみるし、お風呂に入ってみるし、状況が許せば寝ます。

 

 

育児中の頭痛に対応するには

育児をしていると、ずっと赤ちゃんを抱っこしていて同じ体制が続いたり、寝不足だったりストレスだったりと頭痛の引き金になることが身近にあります。

 

無理しないでね、なんて言葉が陳腐に聞こえるほど、無理をしないといけないこともたくさんあるでしょう。

 

頭痛が少しでもおさまるように、いろんな方法を試してみました。今では薬も飲めますが、効きがあまりよくないときはこれらの方法で乗り越えます。その場しのぎでも、少しは楽になります。

 

ただ、頭痛は大きな病気が隠れていることもあるので、おかしいと思った時は一度受診してみてください。

 

なにもないなら「よかった!」ですし、もしかしたら妊娠、授乳中でも飲める薬を処方してもらえるかもしれませんし。 

 

 

 ↓お役に立てたらクリックしてください

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 お立ち寄りくださってありがとうございます