花哉さんちののんびり生活

子育ての壁、すり抜けたい。悩みすぎない育児でのんびり生活

【侍戦隊シンケンジャー】10周年につき公式としてYouTubeで公開されています【8】

お世話になります、花哉です。

 

本日も侍戦隊シンケンジャーについて。

 

www.toei.co.jp

 

 

第15幕『偽物本物大捕物』

本物そっくりに変身できるあやかしが出てきます。

 

千明がターゲットになってしまい、偽物千明がまわりに迷惑を掛けまくります。そうとは知らない丈瑠たちは、千明に腹を立てるのだけど、千明にしたら何の事だかサッパリ。

 

 なんだかわからないけど怒られたり、冷たくされたりと納得がいきません。

 

これはちょっと見ていてはがゆくもせつなくなっちゃいますねぇ。千明が悪いんじゃないのに~って。ひいき目でしょうか。そうです、ひいき目です。(ズバリ)

 

わたしね、この時のあやかし、わりと好きなんですよね。もう軽くて。

 

「やっちゃって~ヒャッハー!」

 

とか言っちゃってるの。

 

他のあやかしは、「人間どもめ~ひどい目にあえ~!」と重低音で攻めてくるのに対して、「アッハー!やっだーみんな困っちゃってる?サイコー!」くらいの軽いノリなの。

 

結局、あやかしが絡んでいることに気付いた千明に裏をかかれて負けちゃうんですけどね、やられる時まで軽快でした。

 

 

第16幕『黒子の力』

さぁ、やってきました。

 

黒子ちゃんにスポットを当てたお話になります。

 

志葉家にはたくさんの黒子が働いています。家事炊事をこなしたり、外道衆が町に現れた知らせが合った際には、どの場所に現れたか、地図を持ってきたり。

 

出陣の際には陣幕を持ってきたり、着替えを手伝ったりもします。

 

「黒子を見習え!」

 

彦馬さんに言われた流ノ介、千明、ことはの3人は黒子ちゃんを追跡。

 

黒子ちゃんたちが町でも慕われ、いろいろな活躍をしていることを知り、メラメラと対抗心を燃やすのですが、ことごとくうまくはいきません。

 

黒子ちゃんたちが志葉家に仕えている理由、それはひとえに外道衆を倒すため。

 

しかしながら、黒子ちゃんたちにはモヂカラがありません。よって、志葉家および侍たちを陰から支えることで、人々を外道衆の脅威から守っているのです。

 

その黒子ちゃんたちの思いを知った流ノ介、千明、ことはの3人は、黒子ちゃんたちに改めて感謝するとともに、外道衆を倒すという気持ちを一層強くするのでした。

 

初めてシンケンジャーを見たときは「黒子…?」ってなったもんだけど、まさかの黒子にスポットを当てるとは。すっごく楽しい回でした。