花哉さんちののんびり生活

子育ての壁、すり抜けたい。悩みすぎない育児でのんびり生活

胃痛とストレスに関係性はあるのか?ないことはないかもしれない。

 

なんだか慌しく、せわしなくしているうちに1日が終わってしまいます。

 

こんばんは、花哉です。

先日は胃潰瘍になった話を書きましたが、今回はそうではない胃痛とストレスの関係について考えてみました。

 胃が痛い女性の絵

 

┃初めての胃痛は小学校4年生のとき

初めての胃痛を体験したのは小学校4年生のとき。

 

好き嫌いの多いわたしがめずらしく給食を完食したのですが、どうも量が多かったのか、その日から胃痛が続くようになりました。

 

朝夕問わず胃を痛がる娘に、親や祖父母はずいぶん心配したと思います。

 

 

┃通院は小児科からメンタルクリニックへ

最初の胃痛以来、何度も何度も病院へ行きました。

 

最初はいつもの小児科へ。

そのうち大学病院へ。

 

子どもだったらから、胃カメラやバリウムはなかったけど、腹部エコーは撮りました。異常はありませんでした。

 

身体的異常がない以上、ストレスなどメンタルの問題ではないかという事で、今でいうメンタルクリニックみたいなところにも連れて行かれました。

 

一度きりの通院だったので問題はなかったとは思うのですが、親がどんな説明を受けていたかまでは分かりません。 

 

 

┃ストレスを感じたときに重くなる胃

成長するにつれ、胃痛は激しくなっていきました。ときには痛みから嘔吐することも。

 

当時は消化が悪いのだと思っていたので、よく噛んで食べたり、刺激物は避けたりしていましたが、症状は変わらず。

 

ひどくなると、プリンやヨーグルトのような比較的胃に優しいものも食べられないこともありましたし、飲み物は常温オンリーでした。

 

食べ物にかかわらず、胃に不快感を感じることも。

 

例えば叱られているときや自分が望まない状況に置かれているとき、胃がズンッと重くなり、うずくまるほど辛くなることがありました。

 

で、思ったんですよね。

 

これがストレスがたまるということか!と。

 

叱られているときは、自分が悪い癖になにがストレスかって感じなんですけど。でもまあズンッと重くなるんですよ。そして、ぐぅっと締め付けられる。思い出しても辛いわ。

 

 

┃ある日から胃痛を感じにくくなる

胃痛を繰り返しながら大人になっていったわけですが、その回数はだんだんと少なくなっていきました。

 

欲望に負けて暴飲暴食が続くと痛くなりますが、朝夕ずっと痛いとか、痛すぎて嘔吐することはなくなっていました。

 

胃痛からの解放!

ハッピーな気分!

 

 

┃気付かないストレスと未熟なわたし

若い頃は、未熟さもあって気付かないけどいろんなことがストレスになっているんだろうと思うんです。

 

さまざまな経験を積み、精神的に強くなり、大人になっていくにつれストレスも溜めにくくなり、胃痛も減ったのかなと。 

 

そう考えるとなんとなく合点がいくので、やはり胃痛のストレスは関係があるんだろうなぁと思います。

 

まぁ未熟さは今も変わらないわけですが。図太くなったのかも?

 

 

┃胃痛とヘリコバクター・ピロリ菌 

今でこそ、胃痛や胃の病気の原因と言われるヘリコバクター・ピロリ菌ですが、わたしが胃痛を感じ始めたとき、まだピロリ菌は発見されていませんでした。

 

今だったら、まずピロリ菌検査になるのでしょうかね。

 

メンタルだーストレスだーとあちこち病院を回る前に、結果はすぐ出たかもしれませんね。

 

 

┃胃痛は侮れないので続く場合は検査を

日ごろから胃痛を感じていると、感覚がマヒするというか、重要なことと捕えなくなってきます。そのうち治るだろうって。

 

それでも、大きな病気が隠れているかもしれないし、悪さをするピロリ菌がいるかもしれない。

 

 胃痛が続く場合はやはり病院できちんと検査したほうがよいと思います。

わたしみたいに、胃潰瘍かもしれませんしね。

 

www.carefree-style.com

 

 

 

 ↓ポチっとしてくださるとうれしいです

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 お立ち寄りくださってありがとうございます