花哉さんちののんびり生活

子育ての壁、すり抜けたい。悩みすぎない育児でのんびり生活

二卵性双生児 ミックスツインズあるある

新しい学年のクラスが発表されました。

いよいよ新学年になるのだなと、ドキドキと不安でいっぱいです。

 

こんばんは、花哉です。

 

うちの子が通う小学校のクラス発表は、クラス分けされた名簿を玄関に張り出すタイプ。同じクラスになったとかならなかったとかでキャッキャしている子どもたちが直で見られて楽しいです。

 

改めて各学年の名簿を見ていたんですけど、けっこういるんです、双子。うちの双子が生まれたときも、近年双子が増えているとは聞いていたけど、こんなに多いとは。先生も大変だ。

 

そんなわけで、今日は双子あるある。その中でも二卵性双生児、ミックスツインズあるあるなお話。

 

 

1.「うわーそっくり~」と言ってからの沈黙

双子といえば、めっちゃそっくり、なにもかも同じ、行動もシンクロ、くらいのイメージがありますよね。

 

赤ちゃんのころはベビーカーに乗っていると「双子ちゃんだー」と見に来てくれる人もいます。

 

で、ちょっと気の早い人は「双子ちゃんだーそっくりー」と、そっくりであること前提で双子の顔を見るわけなんですね。

 

ですが、二卵性双生児というのは、同じ日に生まれた兄弟と言っても過言ではありませんので、なにもかもソックリではないのです。

 

そこで沈黙ですよ。

 

「わぁ、双子ちゃんだ―そっく…りぃ(消え入る声)」

 

こんな感じです。特にうちは男女なのでさっぱり似ていません。兄弟というのも疑わしいほど似ていません。

 

親としては「そうですか?」と愛想笑いをするしかなかったりします。

 

 

 

2.「どっちが上なの?」と聞かれる

これは、二卵性だろうが一卵性だろうがあることだとは思うんですが、双子のうち、どちらが上の子になるのか、聞かれます。

 

現在では、先に出て来た子を第一子とするらしいですが、、、

 

そこ、そんなに気になります?

 

わたし自身、どちらが上か下かなんて気にしたことはなく、むしろどちらでもよく、役所に出す書類などで必要にならなければまったく意識しません。

 

聞かれるたびに不思議な気持ちになります。

 

ちなみにうちは双子ガールが最初に出てきたので、兄弟編成は男、女、男となるのですが、世間は男男の最後に女がくるという意識があるのか、よく双子ガールが末っ子と間違えられます。双子ボーイの方が少し背が高いせいもあるのでしょうけど。

 

 

3.双子か年子か悩まれる

二卵性、しかも男女となると顔も体格も全く違っているので

「双子ですか?年子ですか?」

と聞かれることがあります。

 

やたらうちの双子をジーッと見ているなぁと思っていたらそんなん考えてたのかぁって思うわ。まぁ、勇気を出して声をかけてくれて、スッキリしてくれたのならよいですけど。

 

 

4.年子とどっちが大変か比べられる

これ、けっこうな双子あるあるじゃないかな。

「双子大変ねぇ。でも年子の方が大変よ!」←自分とこは年子ですらない

みたいな。

 

正直、比べようもないしどっちでもいいと思っています。

 

わたしは双子を育てているけど、年子を育てた経験はないので年子の大変さは知らないし、ひとりだろうが双子だろうが年子だろうが、子どもの性格やなんやで大変さなんて全然違うし。

 

そんなもの、どうやって比べたらいいのかっていうやつですよ。

 

なので、わたしはいつも

「年子の方が大変だと思うよー」

って言っておきます。

 

ハッキリ言ってめんどうなので。(スッパリ)

 

 

以上、ただの双子あるあると二卵生双生児あるあるが混ざってしまったけれど、わたし的あるあるでした。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ミックスツインズ(男女の双子)へにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村