花哉さんちののんびり生活

子育ての壁、すり抜けたい。悩みすぎない育児でのんびり生活

はじめて絵本 ~とっとことっとこ まついのりこ著~

3人の通知表。

3人の好きなことや得意なことがまるわかり。

予想外もあるけれど、3学期もよくたいへんがんばりました。

 

こんばんは、花哉です。

さて本日は絵本のお話。

 

読み聞かせの画像
 

はじめての絵本 

わたしが住んでいる市では、ブックスタートとして、4ヶ月児健康相談のときに絵本の配布しています。

 

おぼろげな記憶では、何冊かある中から選べたように思うのですが、おぼろげ過ぎて自信がないです。

 

わたしが選んだ(と思う)の絵本はこれ↓

『とっとことっとこ』よんでよんでのえほん まついのりこ著 -楽天ブックス-

 

 ネコやアリ、ロボットや象が靴をはいてとっとこと歩く、それだけの本ですが、読み方を工夫すると赤ちゃんでもとっても喜んでくれます。

 

アリさんがあるくときは小さな声で、ロボットが歩くときは「トットコ、トットコ」と機械的に、象が歩くときは低く大きく「とっとこーとっとこー」と。

 

声の変化や抑揚の付け方で、赤ちゃんにも十分におもしろさは伝わるらしく、長男がニコニコ聞いてくれていたことを思い出します。

 

絵本から始まる読書など

子どもが本好きになってくれることを願って、長男がお腹にいるときは毎日毎日、お腹に向かって読み聞かせをしていたものです。

 

生まれてからも、いろんな本を読み聞かせました。『とっとことっとこ』も何度も読みました。子どもたちが大きくなった今でも置いてありますし、双子などはいまでも出してきて読んでいます。

 

絵本にせよ漫画にせよ小説にせよ、どんな本でもそこから学ぶことはあると思っています。なので、子どもにはなんでもいいので本をたくさん読んでもらいたいです。

 

長男は学校図書を借りることは多くないようで、学校から「もっと本を読みましょう」的なアドバイスをいただいたことがありますが、家ではいろんな本を読んでいます。

 

漫画はもちろん、小学校5年生には少し理解が及ばないのでは?というような小説を読むこともあります。たぶん、意味は分かってないですけど。

 

園児のころに何度も読み聞かせた絵本を読むこともあります。『やまんばとこぞうさん(3枚のおふだ)』はお気に入りなのではないかな。わたしも好きです。

 

どうもそろっと表面しか読んでないような気がしないでもないけど、本に触れているのでいいかなと。読み込むのはそのうちそのうちで。

 

お腹にいるときからの読み聞かせが、どれほど影響があったのかはわからないけれど、本を好きになってくれたのは嬉しいです。

 

ブックスタートはどれだけ早くてもいいと思います。

わからないだろうなーと思いながら読んであげるのもまたいいものです。

 

自分が読んでいて楽しくなる本を選んで、読んであげていれば、お母さんの気持ちも伝わるのではないかな、なんて。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村