花哉さんちののんびり生活

子育ての壁、すり抜けたい。悩みすぎない育児でのんびり生活

夫婦円満の秘訣はと聞かれれば『努力』と答えます

ありがたいことに。

人様からは仲の良い夫婦と言ってもらえます。

 

こんにちは、花哉です。

今日はわたしたち夫婦のことについてお話しようと思います。

 

■照れてしまいますが、仲良しです

 

「仲がいいね」

結婚して12年。人様からそう言ってもらえるのは悪い気はしません。照れますが。

自分たちでも仲良しだと思っています。

 

だってわたしたち、努力していますもん。

 

では、夫婦円満のための努力って、何だと思います?

 

いつまでもかわいいって言ってもらえるように美容の努力を怠らないこと?

相手が気に入ってくれるようにがんばること?

もちろん、それも大事ではあるんだけど、わたしたちは少し違います。

 

■してあげたいことより、してほしいことが増えたら気を付ける

お付き合いを重ねていく、結婚期間が長くなってくると、出会った当初とはいろんなことが変化していきます。

 

目安として「してあげたい」と思うことより「もっとこうしてくれたらいいのに」とか「こうしてほしい」と思うことが増えたら、一度自分を振り返ってみます。

そうすると、自分がワガママになったり相手に甘えたりしていることに気付きます。

 

■ふたりで大事にしていること

・相手の気持ちを慮る

こんなことしたらイヤだろうな、とかこうしてほしいんだろうなということを考える

 

・当たり前のことにこそ「ありがとう」と言う

ダンナが仕事をしてくる、わたしが家事をする。当たり前のことだけど「ありがとう」と感謝の気持ちを伝える。育児も然り

 

・言わなくてもわかるだろうということこそ、口に出して言う

「大好きだよ」そんなひとことも、いまさら言わなくてもわかるだろとか、言うのは照れちゃって…という年齢ではありますが、あえて口に出して言う

 

「○○してほしい」ということも同じかなと。言わなくてもわかってくれるしやってくれると思うのはうちではナシです。

 

こういうことって、最初は自然とできているものだと思うのですが、だんだんと疎かになっていくんですよね。

そこを疎かにしないことが努力です。

 

お互いを尊重しあうとか、相手の気持ちを考えるとか。

口に出して言うのは簡単だけど、ではそれって具体的にどういうこと?というと上記のようなことなのかなと思っているのです。

 

そして、こういうことを大事にしていこうね、と話をすること。

わたしひとりが考えていてもダメなので、ふたりで共通した意識を持つように。

 

とまあ、偉そうに語ってみましたが、先のことはわかりません。

これから先も仲良く思いやれる夫婦でいることが目標ではありますが。

 

そして、こんなこと書いたけどちょっと恥ずかしい笑