花哉さんちののんびり生活

子育ての壁、すり抜けたい。悩みすぎない育児でのんびり生活

はじめましてと花哉さんちの傘

■はじめまして

お初にお目にかかります。花哉です。

 

そこそこ年のいった父とそこそこ年のいった母。小学校5年生の長男に小学校1年生のミックスツインズの5人家族。

 

北陸の片田舎に住み、マイペースな生活を送る。

マンガとテレビが大好き。

 

食べるのも大好きだけど、よる年波には勝てず、健康のために万年ダイエット中。毎年の健康診断が恐怖でしかない。

 

のんびりしつつもドタバタしている、そんな生活を記録していこうと思います。

よろしくお願いします。

 

■我が家の傘事情

さて、冷たい雨が降った昨日、双子がふたりとも見事に傘を壊してきました。

それはそれは見事ですよ。

先と柄が折れた傘

見事に折れた傘

先はないし、柄は折れてるし、棒のところはゆがんでるし。

学校からの帰路、一体なにがあったのでしょうか。さっぱり不明です。

 

長男もよく傘を壊してくる子で、1年生の間に8本。5年生までで15本は壊していると思います。

 

子どもたちが傘を持つようになって、傘ってこんな風に壊れるんだ…と衝撃を受けていたけれど『小学生男子にとって傘は消耗品である』という話を聞いて以来、うちだけではないことにホッとしている次第です。

 

とはいえ、物を大事にすることを教えるのは親の大事な役目のひとつと心得、傘を買うたびに話をしているのですが…買ったばかりの傘を持って通学した本日…。

 

またもや傘破損!!

 

なぜに…(遠い目…

 

どうやら、下校中に友達と遊んでいて壊れたようですが、傘で遊ぶのは危険。今度は傘がいかに危ないものかを話して聞かせなくてはいけないことに。(これまでも話してはいますが)

 

・物は大事にしなくてはいけない

・傘はきちんと使わないと大変危険

 

この2点を同時に理解させるのは低学年にはむずかしいでしょうかね。

何度も何度も話していこうと思うのです。